記事一覧

ダンジョン飯の新刊が

発売されたのでさっそく買ってきて読んでみたのだが、前半は少しシリアスな展開をしつつ・・・ライオスの無神経っぷりで笑ったり、やっぱり魔物を食べるのっておかしい事だと思い知らされたり。そうだよね、1巻でマルシルが言ってたものね・・・魔物を食べるなんて食い詰めた人間のする異常な行動だって。すっかりそんなの忘れてしまったというか、食べるほうが当たり前に感じてるけど、ライオス達っておかしいよね。そんな一行に...

続きを読む

藤田顔

ついに主要登場人物が出そろったような感じがする双亡亭壊すべしを読んでいて感じるのだが、藤田先生の描くキャラは表情が凄い。ザンカ隊長といい、デモンの鳴海やルシール、ヒョウさん、復讐者の顔・・・目つきもだけれど、獲物を見つけた時の唇の感じや、対峙した時の姿勢に至るまで・・・あぁ、復讐にすべてを捧げているんだろうな、こいつはヤバイ、という空気が伝わってくる。怒りなんて生易しいものではなく、憤怒と絶望が混...

続きを読む

マンガあれこれ

今日はいくつかのマンガを買ってきたのだが、個人的に待っていた罠ガールの1巻が読み応えがあって良かった。動物たちの習性や、それを巧みに利用した罠の設置だったり、現実的な捕まえた獲物の処分方法だったりと、読んでいてかなりなるほど・・・と、思わせる一冊。この手の作品において、女の子は読ませるための呼び水という部分があるとは思うのだが、罠ガールは少女が主人公だからこそ、罠を使うというのに説得力があるし、少...

続きを読む

ジョジョリオン16巻

今日はジョジョリオンの16巻の発売日だったので、さっそく買ってきて読んだのだが・・・まさかドロミテとの戦いがあんな形になるとは。どうしようもないくらいに主人公が追いつめられて、どうなるんだ?!という場面はジョジョではよくある事だけれど、今回のは本当に危なかった。まさか人間以外に感染して追いつめてくるだなんてね。そして最後の感染者を、どうするのか?という葛藤が、とても主人公らしいというか、ジョースケ...

続きを読む

インタビュー

女の子の吸血鬼と、その家畜との心の交流なんかを描いたかみつき学園を買ったのだが・・・中身は結構しっかりと作られていて好感が持てる。立場の違いがありながらも、相手の事を思いやり、それでいて衝動と愛情が混ざり合い、二人の関係は何ともやわらかくて血生臭い。こういう本は中々いいと思うのだが・・・。吸血鬼ものといったら、やっぱりインタビューウィズバンパイアが一番面白いと思うのだ。続編というか、本編も含めて。...

続きを読む