FC2ブログ

記事一覧

読みたくなっても

ふと、手塚一郎氏の異貌伝を読みたくなった。かつてヒッポンに掲載されていたダークファンタジー小説として、とても面白かったものの・・・雑誌のリニューアルもあって掲載終了。それなりにいい幕引きではあったものの、続きをもっと読みたくなるような作品だった。ヒッポンは雑誌そのものがボロボロになりやすいので、確か掲載されていたページを切り取っておいたはずだが・・・どこにしまったっけ。作中で、普段はか弱くて足手ま...

続きを読む

新刊が待たれる

公爵令嬢の嗜みと同じような、いわゆる悪役令嬢モノの、アルバート家の令嬢は没落をご所望です。がかなりラブコメとして面白くて、作者のさちさんの本をそれ以外も色々と買って読んだりしたのだが、やはりアルバート家が群を抜いて面白い。主人公メアリの、全然悪役令嬢じゃない所かとんでもない天然善人っぷりというかなんというか・・・ヒロインポジのアリシアがなつくというか、登場人物たちが好きになるのがわかるくらいのいい...

続きを読む

魔王・・・ではなく

S氏に薦められて読み始めた、魔王様の街づくり!の4巻が発売されたので買いに行ったのだが、同じように並んでいた、公爵令嬢の嗜み6巻を発見!そうか・・・出ていたのか・・・と、一緒に買って、そちらを先に読み始めてしまう。公爵令嬢の嗜みシリーズは、悪役令嬢ものの中ではかなりしっかりと街作りをしているのが印象的だ。役所の改革、経済基盤、教育や福祉、教会のような宗教との関わりあいだったり、心強い仲間と共にそれ...

続きを読む

狼と羊皮紙

今月の電撃文庫の新刊に、狼と羊皮紙があったのでさっそく買ってきて読んだのだが・・・やっぱりここ最近のラノベの中では結構ファンタジーをしているという印象。前作にあたる狼と香辛料もそうだったkれど、人と人ならざる者との旅のお話で、何とも不思議な世界の冒険を見ているようであり、商人の世界のやけに現実的な世界も見えていたりで、幻想と現実の混ざり具合が上手いものだ。主人公と狼少女のやり取りも、前作と同じよう...

続きを読む