記事一覧

家のローン

スマホのどうぶつの森で、いつものように家の設定をあれこれやって決定した後から料金を言われてローンを組まれて、その返済のためにお金を集めるゲームになっているようで、やはりというかなんというか・・・。
あのタヌキの時もだけれど、とにかく家が必要だから用意しないとね!こういうのいいね!作ったからお金をこれだけ返してね!という、先に見積もりとかそういうのさせろとか、その手の怒りはいつも通りというか。

しかし、うちの村もどこの村も、公共事業なのに村人のお金では完成しないので、ほぼ村長のポケットマネー。
そのお金も、南の島で昆虫を乱獲販売して手に入れたお金という、実にブラックな村が多い。
気に入らない住民は村八分して、気に入った住人はストーキングしてひたすら引き留めて、好きな服を着せて挨拶をさせて・・・とび森は本当にブラックなゲームだった。
しずえさんが唯一の癒しだったかもしれない。

どうぶつの森にしても、もうすぐ新作が出る牧場物語にしても、スローライフをうたっているわりに欲しい施設や図鑑のコンプ的なものを求め始めると、えらい忙しいゲームになってしまう。
そういうのやめればいい、とは思うものの・・・これが手に入るのはこの期間だけ!というのがあると、どうしても取っておきたくなる。
それが多数、だものなぁ。忙しくなるのもやむなし。
スケジュール管理やリセマラやらを駆使して、集めてしまいたい!と、思ってしまう。

この手のゲームにおけるコンプリート症候群というのは深刻なもので、手に入ったアイテムはとりあえず取っておく。全種類1つづつは持っておく、というものに始まり・・・入った街のアイテムは全部買う。ダンジョンのアイテムは必ず全部回収、など、わかっていてもキリがない。そういうので、FF6のラグナロクとライトブリンガーとラグナロックで、苦しみの声を上げたものだ・・・リメイクでは全部回収可能になったけれど。

最近、アーカイブスで買おうか迷っているFF9も、エクスカリバー2という凶悪なのがあったっけ・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント