記事一覧

限界集落オブザデット

本屋でちょいと探し物をしていたら、新刊の所に妙な気配を放つ本があった。何度視線をそらそうにも、吸い込まれて、レジにもっていこうとさせてくる本・・・限界集落オブザデット。買って、読んでみたのだが・・・。

タイトルから漂うB級映画臭の通りというか、いかにもゾンビものな話ではあるのだが、限界集落という場所の設定と、犠牲者となるのが基本老人というところが、良くある流れから作品を離している感じ。
バカっぽい、いかにも低予算なB級映画的小説と思って読んでいくと、とても静かで少しほろ苦いような、それでいて熱さのあるいい話であるのに驚く。特に、最初に舞台設定を語りつつゾンビとなった山下トシ子を葬る所が、かなりがっつり心をつかむ。
自身の最後を悟り、ゾンビ化した時の事を考えて行動するとか・・・この物語で、この登場人物だからこそ、できる行動であるし、その後の木梨さんにしてもだけれど、老人だからこその行動というのが、無理なく静かに、けれど強く書かれていてとても良い。

物語の謎も最初のほうから少しづつ提示されて、最後に何故そうなったのか?というのがわかった時、主人公の孫のケイがそれに直面した時の行動がまた、ここまでで成長したものであり、とても悲しくもあり、本当に・・・読んで良かった一冊だ。

なろう系Web小説系は、異世界・チート・ハーレム・料理、そういうネタが多いけれど、こういうそれらとはまったく違うネタを扱い、面白い作品を作る人もいる。時折みかけるそういうのは、異世界が溢れている中で出版まで漕ぎ着けるだけあってか、妙な魅力をもっていたりするものだ・・・。こないだの、黄昏のブッシャリオンや、横浜駅SFなんかがそうだろうか。

しかし、限界集落オブザデットはいちおう続編が作れそうなノリではあるものの、限界集落だからこその魅力が強いと思うので、舞台を変えてしまったら、その設定で都編とかやったら、ちょっと普通というか、面白いの?と、疑問に思う部分がある。
続編で読者を納得させるのは結構ハードルが高そうな気がする。が、この作者ならばそれも可能だろう!頑張って欲しい!と、思うところだ。
何にしても、面白い物語を読めて満足!
スポンサーサイト

コメント

No title

デッド

コメントの投稿

非公開コメント