FC2ブログ

記事一覧

FF11でFF14をやっているような

最近、作業なんかをする時にFF14のほうの女神ソフィアの曲をかけてたりするのだが、あのパっと聞いただけだと幻想的でちょっと怪しい感じの歌だけど、歌詞や背景を知ると恐ろしい光景が浮かぶような所が実にいいと思う・・・と、同時に、14の女神ソフィアとの戦いは結構面白いものだと思う。
白と黒のデバフをかけられて、PTの仲間でそれぞれペアを組まないといけなかったり、落ちてくる隕石によってフィールドが傾斜するのでどっちに傾くかを見極めて移動したり、範囲魔法から逃れたり、突進の射線から逃れたりと、14らしい敵や仲間の位置を常に気にしながら攻撃をして、ある程度のDPSを出しながら様々なギミックに対応していく面白さがあると思う。
他の蛮神ではフィールドの足場が落下したり、壊滅的なダメージが発生するオブジェクトを破壊したりとか、そういうのに一致団結しながら解除しつつ攻撃していくのは、いかにもMMO!って感じで実に見ていて面白いと思えるのだが・・・問題は、エンドコンテンツだろうか。
大縄跳びなんて言われるような、ワンミス全滅とかリカバリー不可とか、いくらエンドコンテンツだからってやりすぎとしか思えないような難易度なんだものなぁ。

開発は無理してやらなくていい、ある程度簡単になるような装備を手に入れてからやればいい、とか言ってたりするけれど・・・そうやって楽になるような装備を取ったら取ったで特定のタイミングがスキップされて余計に辛くなったりとかもあるみたいだし、どうにも難易度調整がまだまだなように見受けられる。

だが、それでも面白そう!と、感じるものはあるのだから、頑張って欲しいと思うのが14なのだが。
そんな14での戦闘を11でやらされているような、そんな感じがちょっと前からしている。
オーメンのボスや、ギアスの隠しNM、アンバスあたりなんかがそうなのだが、割と面倒なギミックの解除が求められたり、敵の行動に合わせてPT全員が動いたりしないといけない。

別に11でそれをやれないわけではないし、ずっと昔から敵の魔法範囲から逃げるとか、視線技には背を向けるだとか、後衛はこっちで盾はそっちとか、14の元になったような戦闘での動きは11にあった。
けれど14は攻撃の範囲や着弾までが表示されたり、ある程度視覚的にそれらが見えているから動けるという部分があるのに対して、11はそれが赤線や敵の行動のログであったりで、何ともアナログというか・・・それで14のような動きを求められるような部分があるのはちょっと大変に感じる事がある。

何度かやれば流れがわかってきて、この後はこれ!これがくるかここをチェック!とかできるようになってきて、やれるようになるし、そうなると過程も面白かったり、達成感もあるのだが、どーにも11は11なりの遊び方があるのに14のやり方をさせられているような、そんな印象を受けてしまって、素直に楽しみきれないような時がある。
ただの気のせい、考えすぎ、とも思うし、こういうのがいいという人がいるのもわかるのだが。

14に限らず、他のMMOを知っていると、時々ここがこうならなぁ、なんて感じるものだが、そういうののひとつなんだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント