FC2ブログ

記事一覧

実際にサポ青で戦ってみて

イオニックウェポン作りでギアスのNMとの連戦をする事になったのだが、ST1の連中はそこまで強くはないので練習にはちょうどいいかとサポ青で戦ってみた。マクロパレットの配置なども見直したので、最初は少し動きがぎこちない感じだったものの、慣れてくるとこれが中々に面白い。

今回は人員の関係でナイトサポ戦のLSメンとの二枚盾構成だったのだが、最初こそセンチでタゲを持っていかれるものの、すぐにこちらがタゲを取り、そのままナイトではなく私が維持という場面がわりと多かった。
やはり挑発、フラッシュだけで維持するのよりは青魔法の連発による敵対は敵対稼ぎが大きいようだ。まさかナイトよりもタゲを持てるとは・・・それでもセンチの爆発力には勝てないというか、ソードプレイやワンフォアオールなどを使えばそれにも勝てそうではある。
まぁ、同じ盾同士でタゲを取り合うというのもちょっと変ではあるが。

そして感じた問題点としては、やはり魔法を連続して、リズム良く使えない状態になるのが厳しい。
ディスペル、ディスペガなどによる強化消しや、強化吸収。スロウなどを食らうと、一気にサイクルがまわせなくなって敵対を稼げなくなってしまう。特に、インスパイアを消されると致命的な感じだ。
それらを使ってくるような相手には、やはりサポ戦士のが安定かもしれない。

状態異常については、やはりというか魔導剣士のレジ率は高くてナイトがやまびこを使うような事になっても平然と魔法を使い続けられるような事が何度かあった。このあたりの、状態異常からの回復の時間・・・白の腕にもよるけれど、その時間の敵対を稼げないタイミングがあまり発生しないのはナイトよりも優れている点かもしれない。
想像以上にサイレスをレジれたのは嬉しい誤算。

ヘイトリセットも、青魔法が回せるタイミングであればわりと早くタゲを持てるというのを感じた。フラッシュにせよ挑発にせよ、リキャスト待ちにならないようにどちらか温存、というのをあまり考えないでもいい感じ。だいたいどれかは青魔法が使えるし、どれか使っていれば次のが使えるようになって・・・だし。

お供を沸かすような相手の場合は、盾が沸かしたらタゲはそちらを向くし、敵対行動を取らなければいくらでもケアルをもらえるのだが・・・青魔法で敵対を稼ごうとすると範囲ものが多くて、どうしても叩いてしまった。そしてケアルを飛ばした後衛に向かう、なんて事もあったり。
お供を沸かす相手の場合は、全部に乗せるのか?乗せずに戦うのか?というのを事前に決めておいて、範囲系を封印するかどうかはっきりさせておかないとダメそうだ。適当にやっていると、ついうっかり・・・・なんて事があった。

ここらを意識して立ち回れば、今よりももっと安定して戦えそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント