記事一覧

さっそく交戦規定α発令

今日はあますずの最終日だったのだが、LSメンがミュモルのエクストラステージがクリアできないでいるようだった。
一応アドバイスしてみたものの、やっぱり難しいようで失敗している様子。ここで成功できず、像を取れないまま終わってしまうのは残念すぎる!と、思ったので預かり帳から衣装を引っ張り出して、ミュモルショーで応援とシンクロを決めてだいじをゲット!
お手伝いをする事に。
青で蝉をまわしつつシャンデをしていると、それなりに安定して戦えるものの、やっぱりフェイスを呼べないために守りなり回復なりに不安があるとソロではきついBFだ。
ミュモルのショーよろしく、みんなでやってね!という事なんだろうけれど・・・。
それでも、二人で頑張ってクリア!像を2つ手に入れる事ができて、良かった~。

その後は、エスカルオンでラブのトルク取りをしているLSメンのお手伝いに行ってみたら・・・さっそく魅了されて、さっきエクストラステージを手伝ったLSメンを殺害するという始末。交戦規定αの発令待ったなしの状況だ。
そんな事をしつつも、何匹が倒して・・・ラブのトルクもゲット!
集まったようで良かった~。
そこで私はログアウトしてしまったのだが・・・考えてみると、その後の錬成も結構大変だからお手伝いすれば良かった。

やっぱり、MMOはこういう多人数でのプレイが醍醐味だ。誰かと、何かを一緒にやる。そういう楽しさは普通のRPGなんかには無い魅力。・・・だったのだが、ここ最近のゲームは結構協力要素が増えてきてて、その魅力も奪われがちだろうか。
中でも、特に携帯機で協力要素を強く打ち出しているのが、きっとレベル5のゲームだ。
あそこのゲームは自分ひとりよりも、同じゲームを持っている他の誰か。友人同士でプレイするのが凄く面白くなるようにゲームを作っていて、他のメーカーに比べて仲間同士でのプレイによる楽しさが強い。
ゲームそのもののシナリオは正直あんまりいいとは思えないのだが、システム面やそれらのマネジメント面は抜群に優れている。

そのレベル5の新作、スナックRPGだったか・・・なんかそんな感じのが出てたけれど、かなり協力プレイが楽しそうなゲームに見える。ファンタジーライフもかなりいい出来だったし、ちょっと手を出してみるかなぁ・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント