記事一覧

カラハバルハが

最近、何となくFFUの魔銃発射シーンのまとめを見たせいか、カラハバルハが・・・「お前にふさわしいソイルは決まった」と、言い出すんじゃないかというネタが思い浮かんでならない。
黒き風は作中でフェンリルを呼んでいないから、3つのソイルはどんなのか考えないといけないけれど・・・やっぱり11のフェンリル的には闇と紫と白っぽいカラーのような気もする。果たして、フェンリルはどんなソイルなものか・・・。

しかし、11の世界的には銃はコルセアが一番馴染みのある武器という事になっているのだが、現実では銃を撃ちまくってるのは狩人の印象が強い。アナイアというかカラナックは便利なようで、よく撃ってるのを見かける。
コルセアが射撃をするには、当てるには、狩人以上に装備で頑張らないといけないために、射撃のできるコルセアというのはかなり極まってきてるコルセアという印象。
IL119の弾丸が弱いのしか使えないために、RMEから弾丸が取り出せないコルセアは狩人に大きく水をあけられてるんだよなぁ。

そんな銃だけれど、どれも名前が素敵なのが印象的だ。
ドゥームズデイ(審判の日)、アルマゲドン(最終決戦)、デスペナルティ(死罰、死刑)、アナイアレイター(殲滅者)、コンペンセーター(償う者)、デスロック(死の引き金)・・・どれもカッコいい!ともすれば厨二病とも言われそうな名称だけれど、そういうノリが銃には良く似合うと思う。

私も射撃のできるコルセアとして、弾丸を取り出せる銃が欲しいのだが、現状ではイオニック作りが足踏みだからフォーマルハウトは遠く、デスペナかアルマゲにしても、アサルト全然やってない、エンピは作るのが大変、と・・・どうにも気乗りがしないというか、本当に険しすぎる。
エンピは最初のNMポップが面倒だけれど、まだMMOっぽいしいいかなぁ・・・と思えるのだが、その後のNM素材を50,75と集めるのがどうにもなぁ。メタルドロスもイベント中でもないときついし。
だが、アルマゲ頑張ってみるかなぁ・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント