記事一覧

妖怪、首おいてけ

土曜のオーメン活動で、金と銀をやったのだが・・・金銀共にそこまで問題らしい問題はなく終える事ができた。
銀がタゲを維持し続けると宣告が来ると勘違いして、緩めに取ってしまったのだが、それでもすぐに奪い返せたから特に死者も無く、金も吸収を時折されたもののさんぽあるいてにほ下がる感じで時間はかかったものの倒せた。
道中で、銀は右で金は左?どっちに行けばいいのかあまりやっていないせいか迷ってしまったのだが・・・メモしておこう。

そして、トリガーが揃ったので王将へ。
コルセアとしては、とにかく首が欲しい。もう、島津の人間よろしく妖怪首おいてけとなって。
首置いてけ、なあ!王将首だ!!王将首だろう?!という勢いで首を求めて戦ってみたところ。
ゼロアワーの直前にヘルクレッシエンドの直撃を受けた青を回復させようとしたものの、沈黙のせいでケアルが飛ばせず死んでしまうという事故があった。こういう時、ルックスを張って闇に強力な耐性を持ってる魔導剣士の頑丈さに驚く。
まるでくらってないのに、他の皆はボロボロなのだから。

衰弱の回復を待ってる時に思ったのだが・・・王将というかオーメンのボスのいるエリアって完全に同じようなフィールドに見えて若干違うといか、壁を背にしてる時に後ろに何もないとと草があるとこがあり、草がカメラワーク的に凄い邪魔だ。
これも全部コナミのせい!・・・とは言わないけれど、モンハンなんかもだが、壁でカメラの挙動がヘンになって、オブジェクトで視界が悪くなるのはどうにかして欲しい。

そう思って少し位置を変えて、衰弱が治った所で再開。
順調に削って、最後の押し込みもレイクで後押ししつつ・・・勝利!そして、ついに王将の首が来た!
これでコルセアのロールが強化できる!効果時間も延長できる!素晴らしい首!妖怪首置いてけご満悦~♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント