FC2ブログ

記事一覧

ゾーマ襲来

ちょっと前までTVで流れていた、星のドラゴンクエストのゾーマ襲来編が何度見ても面白い。
シンゴジと似たようなノリというか、現実にゾーマが現れたら?というのを結構頑張っていて、あれなに?怪獣?と、ゾーマを知らない子供が不思議そうに見つめてたり、スマホを向けて撮影を始めるヤツもいたり、遠くの方の人間は野次馬でしかない。
だが、ゾーマのすぐ傍の人間にとっては、手で触れただけで、足が地面に振れただけで瞬時に周囲が凍結していく・・・凍てついていく様子に、逃げ惑うという、緊迫感と平和さのギャップが実に面白い。
その上、流れているのが名曲勇者の挑戦なものだから、短時間ながらも凄くぐっとくる映像になっている。

そんなゾーマだけれど、RPG業界においてはエポックメイキング的存在だと思う。
数あるRPGにおいてバフ効果を消し去る技、魔法、というのは今でこそ当たり前のように存在しており、こちらが敵の強化を消すのは重要なものだし、敵を倒すのにかけたバフが敵に消されるのは非常に辛いものだ。
そんなバフ消去技を使ってくる最初期の有名な相手が、ゾーマなのだから。

ゾーマが出てくる前にも、ちらほらとバフ消去自体は存在していたように思うのだが、ドラクエという知名度抜群の作品、それもそのボスとして登場する相手が使ってくる事で、一躍有名になった、知名度が広がったのは間違いない。
この手の技の普及はゾーマによる所が非常に大きいし、その効果がRPGに与えた影響は計り知れない。

同じような存在として、餓狼伝説のギースも挙げられるだろうか。
ギースの使う当身投げ・・・いわゆる、コマンド入力して少しの間に攻撃を食らったら反撃で投げるというのも、ギースが最初であるし、以降の格闘ゲームにおいて投げキャラに与えた影響は絶大だ。
当身投げのあるキャラには、迂闊な攻撃をすると一気にペースを手繰り寄せられてしまうからなぁ・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント